昨日、加藤秀視さんのセミナーに参加。とてもエネルギーのある方でした。話してる内容は特段目新しいものでもない。けれど、彼も言ってたように誰に学ぶかってって事が重要だと思う。僕が同じお話をしても全然説得力無いけど、加藤さんが話すとすごく説得力あるし、なんとかしなければって思う。僕は人生の師匠って勝手に決めてる人数人いるけど、勝手に追加してしまった・・。

後半は健康ビジネスのお話。日本、ベトナム、ラオスの年齢別人口分布。日本は今後高齢者が増えるから高齢者向けビジネスをってお話。聞きながら思った事、選択肢は2つ①日本で高齢者向けビジネス ②ベトナム・ラオスで若者中年向けビジネス。僕が興味あるのは②の気がした。というもの、老後は海外で暮らしたい願望があるので。日本で老後を過ごしたい気もするんだけど、僕は移動の自由がないと駄目。移動の自由=自家用車と運転手。タクシーなんてダメ。自分の好きなクルマでないと。自分で運転できるうちは良いけど、いずれ運転出来ない日が来る。その時に運転手雇いたい。となると物価の安い国がいいなあ。まあ、30から40年後なんでどうなるかわかんないけどね。そして、そのとき、颯爽とセダンかクーペに乗り降りできるように健康に気を付けないとって思ったのでした。